未分類

ホーム/未分類

Amazon Roboticsの何が凄い?

関東から九州まで、全国でAmazonの倉庫は、20拠点以上にまで拡大している。Amazonは、それらの自社拠点を倉庫とは呼ばず、フルフィルメントセンターと呼ぶのだ。Amazonは、すべての物流拠点は、単純に在庫を管理し配送する場所でなく、お客様の満足を満たすためのセンターと考えている。地球上で最もお客様を大切にする企業という企業理念を掲げるAmazonらしい考え方である。今回はAmazonの倉庫に潜入して、フルフィルメントセンターの内部とAmazonがどのようにお客様の満足を満たしているのかを紹介する。 Amazonの倉庫から人が居なくなる 2020年、現時点で最先端技術のAmazonの倉庫は、Amazon Robotics(アマゾン・ロボティクス、以下「AR」)だ。2016年12月に神奈川県に13番目の拠点となるアマゾン川崎FC(フルフィルメントセンター、以下「FC」)をオープンした。そこは、延床面積約4万平方メートルを誇るまさに巨大な倉庫で、日本初となるAmazon Roboticsが導入された。その後は、このARのFCは、年々増え続けている。いったい、このARのFCとは、どのようなものなのだろうか。川崎FCの場合は、3Fのフロア全てがAR専用で、一足、倉庫内部に足を踏み入れると目の前には驚くべき光景が映る。高い柵で仕切られた広大なスペースの中に、何千というほどの黄色の派手な棚が無数に動いている。なんと、橙色の自走式のロボットが、商品を保管している棚の下に潜り込み、棚を持ち上げ、注文が入った商品が入る棚を、棚ごと作業者のところへ運んでくるのである。棚入れ(入荷)、ピッキング(出荷)、検品などの品質管理の3種類の異なった役割のステーションがあり、そこで作業者が待つ。それぞれのステーションの前には、棚を担いだ自走式ロボットが一列に並んで順番待ちをしている。作業者が棚に保管されている商品への作業が完了すると、また棚は、どこかへ戻っていく。従来のAmazonの倉庫では、多くの作業者がカートを押して倉庫内部を歩き回るイメージだったのだが、ARのFCの場合は、歩き回っている作業者はまったく見当たらない。また、作業者の数の少なさにも目を疑うことになる。ARの導入で、Amazonは、作業者確保という雇用の困難な問題もクリアし、ますます対象地域を拡大していくだろう。 Amazon Roboticsの凄い技術 ARの技術は、単に自走式ロボットによって、棚が作業者が待つステーションに自ら移動してくるだけではない。1つ目は、ステーションの凄さだ。ステーションには、多くのカメラやバーコードリーダー、モニターなどが装備されており、作業者が手に取った商品を自動でスキャンしていく。そして、その商品を取って入れる場所を光で導いてくれる。これにより、作業者による判断ミスはなくなる。次に2つ目は、棚や自動式ロボットの凄さである。棚は、様々なサイズの間口を兼ね備えており、その素材は、布である。これにより軽量化されていることが見てわかる。床には、小刻みにマス目の中央にQRコードのようなものが貼ってあり、それを中心に自走式ロボットが床のコードを読み込みながらかなりの速度で移動している。絶対にロボットユニット同士が衝突することはないそうだ。また、棚から商品が落下した場合は、小さなタブレット一つで、一部のスペースだけを停止モードにし、安全に人が立ち入り落下した商品を拾うことが可能だ。この限定的なスペースだけを停止モードにすることで、清掃やメンテナンスを行っている。また、ロボットは高容量のバッテリーが装備されており、バッテリーが減少すると、フロアに複数ある充電スペースへ自走し、自分で充電しているのだ。休憩しているようにも見え、何とも愛着の沸く姿でもある。 Amazonの次の物流戦略の一手とは この「AR」の登場は物流業界全体の方向性を決定づけ、多くの企業が設備投資を行ったことは間違いない。それだけ実績効果をあげているということだ。FCへの「AR」の導入により、効率的な在庫管理が可能となることで、倉庫に保管できる在庫量が40%以上増えたと同社サイト内にも記されている。このようにすっかり物流業界のリーダーとしてのポジションを獲得したAmazonの次の一手に注目が集まっている。Amazonは、近年、自社配送を開始したのだ。これによりAmazonのロゴが印字されたトラックやバンも見かけるようになった。さらにアメリカのAmazonでは2018年6月から「Delivery [...]

2020-08-31T12:16:00+09:002020年08月31日|未分類|

仕分け業務の自動化の勧め

長引く不況の影響によって、更なるコストの削減要求が物流現場に届いています。とはいうものの、労働集約型である物流倉庫は簡単にコストを下げることは難しい状況です。特に変動人件費部分は、同一労働同一賃金の法施行、少子高齢化、労働人口の減少により、コストを下げるどころではなく、労働力確保自体がとても困難になってきており、労働層の取り合いでコストが上がっているという現象が起きています。 人件費単価を切り詰めてもあまり意味がない? "物流現場で多くのコストウエイトを占める前述の人件費対策のために、何社かがとってきた方策を見てみましょう。 1.外国人労働者の採用:A社は時給単価の安い中国人派遣の積極的採用に舵を切った。日本人派遣との時給差は100円程度である。しかしながら、言葉の壁が大きく、細かい指示などが全くできない状況。瞬間的な指示をしなければならないA社の現場担当者はストレスにさらされる。仕事もいい加減な部分が目立ち、さらに同一労働同一賃金が2020年4月から始まったことにより、時給差はほぼなくなり、この方策は殆ど無意味なものになった。 2.自社採用のパート層の拡大:B社は自社採用を行うことによって、都道府県標準のほぼ最低時給で運営をすることに決定。しかしながら、パート層は近所の主婦層が多く、どうしても家庭の行事が優先される。土日の出勤をほぼ受けてもらえず、近所の小学校の行事があると全員が休み希望を提出するなど、出勤者数の波動が常軌を超える状況に陥る。これをB社の物流社員総出でカバーしていたが限界を迎え、派遣業者を入れることになる。派遣業者は都道府県最低時給で仕事を受けるわけがないので、時給差はなくなる。 現在の物流現場では、変動人件費に影響を与える要素がとても複雑化かつ、多様化してきています。前述の法律もそうですが、隣の駅に大型倉庫が建設された、等の「外部環境の変化」は最近ではとても多い要素の一つと言えます。" どのような方法を取ればいいのか? これとは逆に、良い方向に行っている外部環境の変化も存在しています。それは、技術力の進歩です。各種倉庫マテハン技術の進歩、クラウド等のシェアサービス、サブスクなどによるビジネスの多様化によって、変動人件費の解決策の一つに「自動化」を考える事ができるようになりました。一例を挙げると、20年前はWMSの開発と導入には最低でも1千万円程度を必要としていましたが、今はクラウドシェアサービスによって月額5万円でできる時代になってきています。昔は高すぎて手が届かなかった解決策を考える事ができるようになっており、その解決策自体も多岐にわたっています。是非とも自社のオペレーションラインを入荷~在庫管理~出荷+管理、の一連の流れで考えて頂き、コストがかかっている部分の自動化について検討をしてみてはいかがでしょうか。 ソーターによる仕分け自動化導入がお薦め "典型的なB2B、B2Cの出荷現場の変動人件費の解決策として弊社がお薦めしているのはソーター(仕分機)による仕分業務の自動化です。この自動仕分機も一昔前は非常に高額なものが多く、カスタマイズなどを含めると億単位に近い金額がかかりました。 [...]

2020-08-31T12:10:41+09:002020年08月31日|ソーター, 人件費, 未分類, 物流, 自動化|
Go to Top